" title="SECCON東北(福島)大会の試合結果" /> SECCON北陸(富山)大会の試合結果 - SECCON 2013 blog

SECCON北陸(富山)大会の試合結果

2013年12月 9日 18:08

SECCON北陸大会では、株式会社インテック様のご協力のもと、12/1(土)に富山県で開催されました。
また、前日の11/30(土)には同会場で勉強会が行われ、65名の方にご参加いただきました。

11/30(土)勉強会では、
LINE株式会社のmala氏をお招きし、「スマートフォンのセキュリティ」というタイトルで講演をいただきました。
現状、Androidの標準ブラウザにより提供される機能に危険があったり、アプリケーションに付与される権限が強すぎるなどの課題が指摘され、開発者に対してもそれらの課題を是正/留意する必要があるとの提言で締められました。

続いてのパネルは、CybozuSecurityChallengeをテーマとして、サイボウズ株式会社の伊藤氏、LINE株式会社のmala氏、SECCON実行委員長の竹迫をパネリストとして議論が行われました。
脆弱性に対する報奨金制度が、日本国内でも行われるようになったあたりの紹介から始まり、その先駆けの1つとなったCybozu Security Challenge実施に至るまでの経緯や、現状で公開可能な情報についての報告、そして今後の脆弱性取扱いに関する内容と、本パネルで扱った内容は多岐にわたっています。

その後は、LT大会やバイナリかるた、アセンブラ短歌についての発表を実施し、解散となりました。

result_toyama_karuta

12/1(日)のSECCON北陸大会では、11チーム39名と当日参加の4名が大会にのぞみました。

result_toyama

まずUcqが得点、その後をdendenbiyori、/dev/null、wasamusumeが追いかけるという展開から始まりました。その後、着実にwasamusumeが得点を重ねて首位に。bocchiがその後猛追、問題を1つ解けば逆転というところまで肉薄したものの、最終的にはwasamusumeが14:30過ぎに300点と500点の大物を立て続けに2つ回答し、2位との差を大きく広げて独走態勢へ。dendenbiyoriも終了30分前に500点の大物を回答するものの、wasamusumeには遠く及ばずに終了時間を迎え、北陸大会の優勝はwasamusumeに決まりました。

graph_toyama_last.png

富山大会で興味深かったのは、優勝したチームが必ずしも最初に多くの問題を解けたわけではないという点でしょう。それでも、確実に総合力を培ったチームが勝利出来たという点では、よい教訓を残してくれたといえます。

次回は地方予選の最終戦が12/14,15(土、日)に名古屋、大阪で開催されます。こちらも定員拡大の追加募集を検討している大会がありますので、1月末開催予定のオンライン予選へも含めた形で出場をご検討ください。


※SECCON 2013では、各地方大会のお知らせを配信しています。
https://challenge.seccon.jp/
地方大会の定員拡大などの情報を、登録いただいたメールアドレス宛てにご案内しておりますので、定員拡大に合わせて参加を検討されている方はご活用ください。

重要なお知らせ

協賛企業一覧

エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社

さくらインターネット株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社

株式会社日立システムズ

(ISC) 2 Japan

KDDI株式会社

ソフトバンク・テクノロジー株式会社

株式会社ディアイティ

株式会社ディー・エヌ・エー
日本電気株式会社
富士通株式会社

Eyes Japan

SCSK株式会社

株式会社Kaspersky Labs Japan

一般社団法人関西情報センター

グリー株式会社

株式会社コア

株式会社神戸デジタル・ラボ

codeIQ
サイボウズ株式会社

株式会社 人総研

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社

テンプスタッフ・テクノロジー株式会社

トレンドマイクロ株式会社

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

ネットエージェント株式会社

株式会社ラック

※2013年11月29日現在
※協賛企業様、引き続き募集中