CTF チャレンジ ジャパン 2012

CTF チャレンジ ジャパン 2012 開催にあたって

近年、経済活動や社会生活の情報通信技術への依存が高まる中にあって、情報セキュリティ上のリスクは高度化・多様化しており、従来の取組みを超えた情報セキュリティの確保が急務となっています。

しかし、情報セキュリティ対策では、その人材数及びスキルの双方において不足しているという状況も報告されています。こうした情報セキュリティ人材の確保、育成の遅れは、情報セキュリティに係る人材のスキルが明確化されていないこと、実践面での経験がとりわけ大事であるにもかかわらず、経験を積む機会、実践的な教育をする場がないことなどが要因としてあげられています。また、このような状況は、企業、公共団体などの組織内における情報セキュリティに係る対応体制(CIO/CISOやCSIRT等の配置)の整備が進まない原因となり、組織内対応の不十分な状況を生み出しています。

そこで、これらの要因を解消する一方策として、実践的な経験を積める場としての社会人向け「CTF大会」を実施し、日本型の実践的情報セキュリティ人材の育成に資することを目的とします。
このCTF大会を、来年度以降も継続して実施することを目指して運営していきます。

本選結果

   優勝:AgentⅣ(東北大会第二位)
   準優勝:Sutegoma2(東京大会第二位)
   第三位:Enemy10(東京大会第一位)
全チームの順位と獲得スコアはこちらです。

賞状と副賞のクリスタル・トロフィーが贈られます。おめでとうございます。

主 催:
NRIセキュアテクノロジーズ(受託事業者)平成24年度経済産業省委託事業
事務局:
CTFチャレンジジャパン2012運営事務局(NRIセキュアテクノロジーズ内)
共 催:
日本ネットワークセキュリティ協会
後 援:
情報セキュリティ政策会議 独立行政法人情報処理推進機構
最終更新 2013年2月4日 11時00分